太陽光発電 投資信託

MENU

太陽光発電にも投資信託!?

投資信託を太陽光発電に応用?

 

大きな発電所を設置して売電によって利益を得るにはそれ相応の資金が必要です。融資やローンなどの方法もありますが「できる範囲で資金を増やしたい」と言う方も少なくないでしょう。太陽光発電は利回りも大きく非常に安定した利益を得られる投資手段でもありますので、この安定性を少ない資金でも得ることができれは恩恵を受ける人も多くなることでしょう。

 

太陽光発電投資の利回りは平均して12%、厳しく見積もっても10%と言われています。投資信託にかかる手数料などを除いても、最低でも8%程度の利回りを得られる投資信託の物件になるのでは、と考えられています。

 

太陽光発電による電力の買い取り価格は徐々に減少してきてはいますが、それを差し引いても大きな利益を見込めるのではと、投資プランナーなどもプランを立てています。しかし現状では、この太陽光発電による利益に対する投資信託はありません。ですが、近い将来このようなプランが出る可能性もあります。

 

また、個人の投資家同士で共同して大きな発電所を経営している場合もあります。この場合も「リスクの分散」と「個々人の資金負担が少ないこと」が非常に魅力になっています。タイナビ発電所で理想の物件に出会った場合、このように友人知人を誘って共同経営を計画してみるのも面白いかもしれません。

 

投資信託とは?

 

投資信託とは…

  1. 投資対象を自分で決めずに投資機関に出資し、専門のトレーダーに運用してもらい利益だけが分配されるという仕組み。
  2. 個人個人のお金をそれぞれの分野に投資して利益を出すのではなく、複数の投資者の資金をまとめて大きな額にして大きく投資をすることで利益を大きく出す仕組み。

 

資産は増やしたいけれど何を選んで投資して良いかわからない人には、プロが資産を増やしてくれる投資信託のシステムは理想的とも言えます。

 

ただ、投資信託は元金が保証されていませんので、プロの目に狂いがあったり予想外の出来事があったりした場合には元金割れになるリスクも抱えています。