太陽光発電投資のメリット・デメリット

MENU

太陽光発電 投資 メリット・デメリット

太陽光発電による投資のメリット

 

経営状況に頭を悩ませる機会が少ない

例えば不動産投資でアパートや集合ビルなどを経営した場合には、常に空き部屋や修繕、住民トラブルなどの問題がつきまといます。ですが太陽光発電は太陽の光さえあれば収入を得ることができますので、空き部屋問題や住民とのトラブルなどの問題がありません。このような事に悩まされないことは大きなメリットと言えます。

 

メンテナンス費用が少ない

一度設置すれば修繕などにあまりお金も手間もかからないのも太陽光発電による投資の大きなメリットです。太陽光パネルなどのシステムは大抵が耐用年数が20年以上ありますので、大きく修繕したりする必要はほぼないと言えます。維持費が少なく利益を積み上げることができるのです。

 

規模を自由に決められる

家庭用の小さな発電量のものから、発電所と呼ぶにふさわしい大きな発電量のものまで予算に合わせて選ぶことができます。

 

太陽光発電による投資のデメリット

 

日照量により利益が大幅に変わる

ココが非常に重要なので事前にしっかりと調査することが必要です。日がしっかり当たる場所であることはもちろん、周りに光を遮る物がないか、そして太陽光パネルの設置の方向や角度なども発電量を最大にするようにシミュレーションした上で設置しましょう。

 

災害で長期間にわたって発電できなくなる可能性がある
例1 大雪

例年になく雪が降り積雪した状態が長引くならパネルの上を常に雪が光を遮る状態になりますので発電は見込めません。

例2 台風

強風の影響で何かが落下もしくは飛んできてパネルを割る等の衝撃を与えた場合、パネルを取り替えるまでは発電することができなくなります。

例3 地震

地震の影響で太陽光発電システム自体が破壊されることもあるかもしれません。

 

このような天変地異に対するリスクを負わなくてはいけないのもデメリットとなるでしょう。

 

100万人以上の利用実績があるタイナビ発電所なら、このような予測できない問題に対しての相談にも対応することができます。実績で選ぶならタイナビ発電所です。