太陽光発電の投資のための融資を考えている

MENU

太陽光発電 投資のための融資

太陽光発電による投資で大きく利益を得たいなら大きな発電量のシステムを導入することが必要と言えます。この場合に大きな助けになってくれるのが銀行などの金融機関による融資です。

 

日本金融対策公庫の融資について…

  • 「どのようなシステムなのか?」
  • 「どのように受けることができるのか?」

を見ていきましょう。

 

日本金融対策公庫の太陽光発電への融資

 

日本金融対策公庫 「環境・エネルギー対策資金:上限7200万円」

  • 太陽光発電システムを導入する場合に融資を実施しています。
  • 化石エネルギー以外を生み出す設備を導入する方に向けた融資です。
  • 返済期間は状況に応じて20年までと非常に長いことも特徴です。

 

融資の条件・特徴
  • 設備を設置する土地を所有することが条件となります。
  • 融資期間は15年ですが事情により20年まで延長させることも可能です。
  • 据え置き期間が2年まで設定されています。(何かと資金が必要な投資初期には嬉しい仕組みです)
  • 担保に応じて利率が変動しますが1%〜2%台が大半です。
  • 固定金利ですが追加担保を提供することで利率を減らすこともできます。

 

担保と保証人
融資して欲しい金額と同程度の担保がある場合

  ※この場合の担保とは…不動産もしくは有価証券を意味します。

  • 融資が通る場合が非常に多いです。
  • 金利が1%の前半の場合が多い

 

担保ではなく保証人による融資の場合
  • 金利が2%程度の場合が多い

 

いずれにしても「上限7200万円と非常に多額を低金利で融資を受けることができる」ので積極的に利用していきたいプランです。全国にある日本金融対策公庫の支点で相談できるので気軽に尋ねてみることができます。

 

タイナビ発電所が紹介する業者も、これらの融資に対するアドバイスを提供できますので大いに活用しましょう。