太陽光発電への投資ではメンテナンスは必要?

MENU

太陽光発電への投資 メンテナンスは必要?

太陽の光さえあれば利益を生み出す太陽光発電システムですが、ただ放っておくだけでは最大限の発電量で電気を生産することはできません。特に利益を最重要視する投資の場合、日頃のメンテナンスは絶対必要となります。適切なメンテナンスがあってこそ、より多くの利益が期待できるというわけです。

 

具体的にどのようなメンテナンスをする必要があるのか見ていきましょう。

 

太陽光発電システムのチェック

太陽光がいくら太陽光パネルに照射されても、それをエネルギーに変える電気系統に問題があってはスムーズな発電がされません。それらシステム…そして電気系統をこまめにチェックすることで、最大限の発電を実現することができます。

 

また、発電した電力を電力会社に送電して利益を得ますが、この送電システムや電線に異常がある場合は「発電量はあるのに売電量が減る」という事態を招いてしまいます。すべてのシステムと電気系統、そして電線を詳しくチェックして初めて最大限の利益を得ることが可能になります。

 

運転日報の作成

発電量の多い産業用の太陽光発電を導入した場合、国に運転日報を定期的に提出する義務が生じてきます。これらの日報を作成するためにもメンテナンスと同時に記録をとる必要が生じてきます。

 

太陽光パネルの清掃

発電効率を最大にするためには太陽光パネルに余計なものが付着していないように清潔に保つ必要があります。太陽光パネルは、パネルの各部分が電気を生み出すのではなく、パネル1枚ずつが発電していますので小さな汚れが付いているだけでそのパネル全体の発電量と大きく関わってきます。

 

砂やほこり、また枝などの落下物が付いていないか?…などなどこまめにチェック・清掃することで発電量も購入当初と変わらずに維持できます。

 

敷地内の除草

投資用の太陽光発電システムの物件の場合は特に敷地内が放置されがちです。あまりにも雑草が生えてしまうと廃墟のようになり、景観にも防犯の面から見ても良いとは言えない状態になってしまいます。定期的に敷地内の除草などのメンテナンスを行うことで他のメンテナンスも行いやすくなります。

 

頻繁にメンテナンスが要らない太陽光発電とはいえ、これらのメンテナンスは最低限必要です。

 

しかし、このようなメンテナンスを自分でやる必要がないのが「土地付き太陽光物件」になります。土地付き太陽光の場合、日頃のメンテナンスは全て管理会社がやってくれます。まさに投資という感じで最初に資金を提供するだけであとは利益の報告を待つのみ、という感じです。

 

そのような土地付き太陽光発電物件情報を専門に扱っているのが「タイナビ発電所」です。タイナビ発電所で紹介する業者はこれらのメンテナンスにも自信があるところばかりです。専門の管理会社に任せることで安心して最大限の発電(利益)を目指していきましょう。