太陽光発電 投資 100KW

MENU

ターゲットキーワード「太陽光発電 投資 100KW」

 

太陽光発電による投資に使える土地が非常に広くある場合、50kWの発電ではもったいないと感じることがあるかもしれません。そんな場合には100kW以上の発電量の設備を設置しますが、どのようにしたらこのような大発電量の設備を初期投資費用を少なく準備することができるのでしょうか。100kWの発電を行うメリットと、その方法について見ていきましょう。

 

【100kW発電にかかる問題】⇒小見出し

 

発電量が大きければ大きいほど、利益が増える太陽光発電による投資。ですが、収入が増えても初めにかかる費用が高すぎるとしたら、なかなか初期費用を回収することができません。

 

太陽光発電システムは50kW以上の発電量の場合は高圧扱いとなり、高圧電流を変圧するキュービクル式の変圧装置を導入し、電気主任技術者を定めて登録する必要があります。この電気主任技術者を委託する場合、月に数万円の経費が計上されることが多いです。

 

また、電力会社にも接続を検討してもらう必要が発生します。この電力会社が接続を検討する際、平均して20万円ほどの費用を支払う必要があります。そして、回答を得るために数カ月待つ必要も発生します。

 

また同時に、届け出なども保安規定に関する届け出をするなど非常に複雑になり、個人投資というよりは事業としての投資と言う方がふさわしくなってきます。

 

【100kWの太陽光発電システムの初期費用を抑える方法】⇒小見出し

 

50kWを境に手続きも費用も極端に増えてしまいます。49.9kWのシステム設置と50kWのシステム設置では、発電量は大差ないにもかかわらず、初期費用が100万円以上変わってくるのです。

 

100kWの太陽光発電システムを導入する際に、初期費用を抑えるにはどのような工夫ができるでしょうか。まず、土地をそのまま使用しないで、50kW未満の発電装置を2基設置するのが一番良い方法と言えます、50kWのシステムなら、変圧装置の導入や、電気主任技術者の委託や、電力会社の調査費なども必要なくなります。

 

しかも、電力会社の調査を待つ必要がなくなるので、設備を設置したらすぐに売電による収益が見込めます。

 

50kW未満の発電を安価で始めることができるキットも販売されています。上手に利用して、初期投資を抑える工夫をしましょう。

 

 

 

タイナビ発電所では、このような希望する発電量に合わせた具体的なプランも、業者によって紹介してもらえます。最適のプランを考えていきましょう。