太陽光発電への投資で50kW未満が多いのはなぜ?

MENU

太陽光発電への投資物件で50KW未満が多いのはなぜ?

太陽光発電による投資を始めようとすると発電量が50kW未満の物件が非常に多いのに気付かされます。「なぜ、50kW未満なのでしょうか?」また、50kW発電キットを利用するメリットについても見ていきましょう。

なぜ「50kW未満」が多いのか?

 

「50〜100kWまでは投資効率が良くないからです」

 

太陽光発電にかかる諸経費は50kWを境に大きく変わります。この50kWを超えると途端に手続きも複雑になり設備設置の許可も降りにくくなります。

 

100kWを超える場合には、その複雑な手続きを乗り越える価値がある大きな利益を得ることもできますので、それはそれでメリットのある選択とも言えますが、50kWから100kWまでは投資効率があまり良くないと言うのが現状です。

 

企業規模の莫大な利益を得ることを目的としていないのであれば、50kW未満の発電量を選ぶのが最も利益も大きく現実的な選択ということができるでしょう。

 

なぜ「50kW以上」ではコストが増えてしまうのか?

高圧変電設備の設置が義務

 

50kW以上の発電量を見込める太陽光発電所には「キュービクル式の高圧受電設備を搭載する必要」が発生するからです。

※キュービクルとは

  • 小型の変電装置
  • 高圧電力を一般に使用されている100Vや200Vに変更する装置

このキュービクル式の変電装置が非常に高額ですので初期費用がぐんと跳ね上がってしまうのです。50kW未満の発電所には設置する必要はありません。

 

電気主任技術者の義務

50kWを超えて発電する場合には「電気主任技術者の届け出」も必要です。これらを委託するとしても委託料金がコストとして発生してくるのです。

 

50kW未満の場合は電気主任技術者の届け出も不要です。

50kWキットとは?

 

「50kWを超えない量で発電をする太陽光発電システムキットのことです。」

 

キットですので当然大量生産されており初期費用がオーダーで作る場合に比べて格段に安くなります。【「49.9kW」をオーダーで作った時と50kWキットで作った時では初期費用が100〜200万円違う】という事例もあるそうです。キットの利用で賢く初期費用を抑えましょう。

色々なメーカーや業者で「50kW発電キット」を販売しています。100kWの発電を行う場合も50kW発電キット2つを購入する方がお得な場合もあります。ちなみにタイナビ発電所ではこれらのキットにも詳しい業者が投資家に合わせたプランを多数用意しています。