太陽光発電 投資の際の注意点

MENU

太陽光発電 投資の際の注意点

生産した電力を買い取ってもらえる期間、つまり20年間は最短でも所有することになる太陽光発電システム付きの物件。この長期にわたる契約を行う際には、何に気をつければよいでしょうか。

 

実際の物件を見ましょう。

 

当たり前のことですが、自分が投資する物件をネットの情報として書かれていることだけで決めてしまうのではなく、実際に物件を自分の目で確かめてから契約するようにしましょう。

 

メンテナンスや管理を専門の業者に任せますので、利回りが良く価格が希望のものなら何でもいいと考えるかもしれません。ですが、実際に現場に足を運んでみることで、どのような物件なのか、どういう問題が考えられるのかなどの具体的なイメージがわき、メンテナンスなどの業者と話すときも、より具体的に説明をしたり受けたりすることができる用意なるのです。

 

希望の物件がお住まいの地域から非常に遠いこともありますが、大きな額の長期にわたる投資ですので、必ずご自身の目で確かめましょう。

 

また、太陽光発電システム付きの物件は、発電することで利益を得ます。つまり、太陽光パネルに多くの日光が当たることで利益の多少が変わってくるのです。

 

できれば、一日現地で、朝昼晩とどのように日が当たるのか、影が多くなる時間は内科など確認しましょう。この一手間で、安心も格段に違いますし、業者側にも注意を喚起することができるのです。また、気象庁では、全国の地点での日照量をネットで公開していますので、希望する物件のある地点での日照量をチェックしておきましょう。

 

管理について確認しましょう。

 

きちんと管理すれば、初期の発電効率のまま何年何十年と発電することができるのが、太陽光発電システムです。太陽光パネルの管理や、システム自体の管理など、どのように行われる予定なのか、管理業者に深く掘り下げて尋ねましょう。

 

「最近の太陽光パネルは性能が良いので、メンテナンスの必要がありません」とか、「問題が起こった場合には、対応します」などと答える業者なら、少し信用することが難しいと言えるでしょう。

 

確かに太陽光パネルの性能は、年々良くなっていますので、発電効率も落ちにくくなってはいます。ですが、鳥の糞や木の枝がパネルに落ちたりしても、発電量に影響があるのが太陽光発電システムです。定期的な清掃と、普段の監視システムをしっかりと確認しましょう。問題が起こってから、もしくは問題が起こった時のみ対処するような業者は信頼できない業者ということができるでしょう。

 

不測の事態について確認しましょう。

 

どんなにこまめに太陽光発電システム付きの物件を管理してくれていても、不測の事態というものは起こってしまうものです。

 

太陽光発電パネルが割られたり、システム自体が破壊されたりする事態が、絶対に起こらないとは言えないのです。また、人里離れたところに設置されている物件では、設備自体が盗難されることも考えられるのです。

 

このような不測の事態が起こった時、どのような保証制度があるのか、また、敷地内に部外者が入らないよう何らかの対策を行っているのかを、きちんと管理業者に確認するようにしましょう。何かが起こってからでは、遅いのです。

 

また、人災以外に天災の可能性もあります。地震や台風などの自然による災害で、太陽光パネルや太陽光発電システム自体が壊れてしまうこともあります。自然災害が起こりにくい土地を選んだとしても、20年間という長い期間にわたって所有しますので、どのような状況が起こるかはだれにも予測がつかないのです。

 

このような自然災害による破損にも、どのような保証制度があるのかきちんと確認しておくようにしましょう。

 

 

『タイナビ発電所』が紹介する太陽光発電システム付きの物件は、所有する業者もしっかりと吟味されていますので、安心して契約を行うことができます。