太陽光発電 土地付き物件の選び方・探し方

MENU

太陽光発電 土地付き物件の選び方

土地付き太陽光発電の選び方 3原則

 

日当たり

 

土地付きであっても土地なしであっても太陽光発電パネルに太陽の光が当たらなくては発電を行うことができません。発電ができなければ売電もできず収益も上げることができません。日光に全てがかかっているのです。

 

ですから、まず太陽光パネルに日光が良く当たるのかどうかを吟味しましょう。日光が当たらない日陰の土地や、周りに遮るものがある物件は購入しないようにしましょう。

 

季節によっても日当たりは変わってきます。特に日照時間が短くなる冬にどのように日が当たるのかを知っておくことが必要です。冬に調査をするか冬の日照状況についてのデータがあるか業者に尋ねるようにしましょう。

 

きちんとした業者は、季節別の日照状況のデータを持っています。写真付きのデータなどを見せて説明してくれることもあります。

 

管理の方法

 

定期的にメンテナンスをすることで、発電効率は良くなります。管理状態が良いなら、太陽光発電システムが稼働当時のまま何年、何十年と発電し続けることが可能です。メンテナンスの会社はどのような管理を行ってくれるのかをきちんと説明を受けてから、委託するようにしましょう。

 

太陽光発電の管理会社は一つだけではありません。しっかりとした仕事をする会社に委託するようにしましょう。

 

セキュリティシステム

 

投資用の土地付きの太陽光発電システムは、土地の価格を抑えるために不便な場所に設置されることが多いです。毎日、人が通ってメンテナンスを行ったり、発電状況を見に行ったりするわけではありません。

 

そのような人の目が届きにくい場所にありますので。管理会社はきっちりとしたセキュリティシステムを講じる必要があるのです。

 

納得できるセキュリティシステムを導入しているのかどうか、チェックしてから委託するようにしましょう。

 

最終的には「どれだけ多くの物件を見れるか」

 

気に入った物件があっても、必ず幾つかの物件と比較するようにしましょう。幾つかの物件、できれば業者も異なる物件を比較することで、良い点だけでなく悪い点も見えてくるようになります。

 

気に入ったものがあるからと言って。あせって契約してしまうことがないようにしましょう。

 

 

上記の4つをしっかり吟味することで、納得できる物件に出会うことが可能になります。タイナビ発電所なら、物件数が常に豊富にありますので、比較することも容易です。

 

太陽光発電 土地付き物件の探し方

全国にある様々な太陽光発電システム付きの土地を分譲また貸与している物件を、どのように効率的に探すことができるでしょうか。

 

また、業者が多すぎて、どの業者を選んで良いのか分からない時は、どうすれば良いでしょうか。

 

そんな時は、『タイナビ発電所』で、全国の物件を一括して効率的に探すことができるのです。タイナビ発電所が特にお勧めする物件や、企業などが実施しているセミナーや講演会のお知らせも情報として載せていますので、太陽光発電による投資に興味はあるけれども物件を購入もしくは賃貸する予定のない方も、充分に満足できる内容が公開されています。

 

公開されている全ての物件が、タイナビ発電所の厳しい審査を潜り抜けた優良物件ですので、安心して検索することができるのも魅力です。

太陽光発電 土地付き物件とは

太陽光発電システム付きの土地とは、どのような物件なのか、また、どのようなメリットが得られる土地なのか見ていきましょう。

 

太陽光発電システム付きの土地とは

自分で太陽光発電に最適な立地を選んで、太陽光発電システムを設置するのは至難の業です。また、広大な土地であればある程、土地代もシステム代も何百万から何億円という値段になるので、利益は出ると分かってはいても個人で所有することは難しいと言えるのです。

 

このような太陽光発電の売電利益に興味はあるけれども、様々な問題が障壁となって一歩踏み出せない投資家たちのお手伝いをしてくれるのが、全国の太陽光発電の物件を扱う企業です。

 

太陽光発電のメリット、固定価格買い取り制度

2012年7月、国が電力会社に、10kW以上の発電能力のある太陽光発電システムが生産する電力を、20年間買い取らなくてはならないという『固定価格買い取り制度』を義務付けました。

 

これによって、10kW以上と言う大容量の家庭用ではない太陽光発電システムで発電された電力も全て、固定価格(2014年度は1kWh当たり32円)で買い取られるようになりました。

 

つまり、大きな太陽光発電システムであればある程、太陽の光という元手のかからない資本をもとにより大きな利益を生むことが可能になるのです。

 

太陽光発電システム付きの物件を扱う企業の存在

これらの企業は、借地もしくは企業自身が保有する土地に、個人では設置不可能な大規模の太陽光発電所を設立し、区画分譲することで投資家たちに提供します。これらの太陽光発電所付きの土地は、借地と分譲の2通りの形態があります。

 

分譲は、発電所の権利も含めた土地をそのまま購入することで、借地は、太陽光発電による買い取り期間である20年間の発電所の権利と土地を所有することです。

 

どちらの場合も、所有してから20年間、『固定価格買い取り制度』による電力販売の利益を得続けることができるのです。

 

 

このような大きなメリットの付いた太陽光発電システム付きの土地を、『タイナビ発電所』では多数紹介しています。