太陽光発電の投資で失敗しないために

MENU

あなたの資産、太陽光発電に投資しませんか?

もし、あなたがある程度の資産を持っていて、少しでも
『資産を増やしたい』・『減らしたくない』・『節税したい』と感じているならば、
ぜひ【太陽光発電】への投資を検討して下さい。

 

売電価格の引き下げが続いていることから、
【太陽光発電は終わった】という意見もありますが、そんなことはありません。

 

確かに、固定価格買取制度(現在の売電制度)が施行された当時と比較すると、
売電収入は大きく下がります。

 

しかし、同時に初期費用も下がっていますし、何より法施行後の数年間で
施工方法等の技術面も大きく改善し、リスクが大きく減りました

 

太陽光発電への投資は、かつての様な【ハイリターン】は望めないものの、
【限りなくリスクの低い投資先】として、改めて注目を浴びています。

 

【太陽光発電】=【ローリスクの投資先】!

 
太陽光発電が【投資先】として注目されています。

 

その理由は、安定感やメリットの大きさ。

 

個人投資家はもちろん、様々な企業も【太陽光発電事業】に乗り出してきています。

 

しかし、投資にはリスクもつきもの。

リスクを最小限に減らし、成功へと近づくための秘訣を『1から』解説します。

 

太陽光発電|投資としての【魅力】

 

土地付き太陽光発電が投資物件として注目

 

長期的な収益予測が出来る

一般的に【投資】というと、株や不動産が思い浮かぶのではないでしょうか。

 

しかし、株はシロウトが手を出して失敗した例は枚挙にいとまがないですし、
不動産(アパート経営等)も、空室や修繕等のデメリットが多くあります。

 

その点、太陽光発電は【太陽の光さえあれば発電】しますし、
【売電価格は20年間固定】です。

どの程度の利益が見込めるか、長期的に見通すことが出来ます。
(詳しくは『太陽光発電の投資は儲かるか』を参照)

 

このことから、太陽光発電は他の投資方法と比較して
非常に安定した【投資先】といえます。

 

《不動産投資との比較について、詳しくは『太陽光VS不動産』も参考にどうぞ》

 

 

リスク・デメリットを正しく理解し、回避できる

 

ただし、投資である以上リスクやデメリットが全く無いわけではありません。

 

自然相手の発電方法で発電量は一定ではありませんし、
異常気象等で被害を受けることもあります。

 

リスクを正しく理解することは、投資を成功させるために欠かせません。

 

そして、太陽光発電では事前にしっかりと確認することで、リスクやデメリットを限りなく減らすことが可能です。
詳しくは『潜む!3つのリスク』を参考にして下さい。


 

土地を持っていない方へも朗報!【土地付き太陽光発電】

 

いざ【太陽光発電を設置しよう!】と考えても、土地を持っていない方も多いと思います。

 

また、土地を所有していても、太陽光発電に適した立地条件ではないかもしれません。

 

そのような方のために、【土地付き太陽光発電】が販売されています。

 

土地付き太陽光発電の特徴とメリット
  • 太陽光発電に適した立地条件を満たしている
  • 小規模(10数kw)〜メガソーラー(1,000kw以上)まで、

    多彩な取り扱い

  • 利回り等がシミュレーション済み
  • 高い売電価格を確保している【お宝物件】があるかも・・・!

 

個々に太陽光発電を設置・販売している会社・企業もありますが、
1社づつ探すのは時間と手間が掛かり過ぎます。

 

土地付き太陽光発電を検討するならば、【タイナビ発電所】のような紹介サイトを
利用するほうが効率的です。

 

《土地付き太陽光発電のメリットやデメリットについては『メリット・デメリット』を参考》
《タイナビ発電所について、詳しくは『タイナビ発電所とは』を参考にどうぞ》

 

投資を成功させる最大のカギは【熟練した施工】

 
【投資の成功=利益を出すこと】

太陽光発電では、株やFXのように【短期間で莫大な利益】を出すことは出来ません。

 

20年という長期を見通し、様々な【太陽光発電所】から、
取得に掛かる費用や維持・メンテナンス費、保証・保険にかかる費用等を比較し、
最終的にどれだけプラスになるかがポイントとなります。

 

比較するポイント

  • 初期費用(土地付き太陽光発d値の場合は販売価格)

    ⇒初期費用回収後は売電収益のほとんどが利益となります。

  •  

  • 維持・メンテナンス費

    ⇒定期的な点検は発電量の維持に大きく関係します。

  •  

  • メーカー保証や万一に備えた補償・保険

    ⇒20年という長期に渡って利益を出す必要があります。
    盗難や自然災害等、保証内容は大切です。

  •  

  • 発電量

    ⇒同じ規模の太陽光発電でも、立地条件等によって発電量が異なります。

 

以上のことは、あくまで【数字上】のことなので、比較的容易に比較することが出来ます。

 

【初期費用+維持・メンテナンス費+補償・保険費用<売電収益】であれば、
理論上【投資失敗】はあり得ません。

 

【施工方法】が明暗を分ける!

しかし、実際に【太陽光発電で失敗した・・・】という例もあります。

 

明暗を分けたのは、ずばり【施工会社】。
同じ土地・同じメーカーで太陽光発電を設置しても、施工次第で

  • 【メーカー保証が受けられない】
  • 【機器に不具合が生じた】

等、様々なリスクやデメリットが潜んでいます。

 

また、近年台風の大型化や異常気象もあり、
ずさんな施工で大きな被害を受けている太陽光発電も存在します。

 

【初期費用すら回収出来ずに倒壊・破損】では、目も当てられません。

 

目先の費用だけではなく、長期的に【安心・安全】な施工方法・施工会社を選ぶことが最も重要です。